1. TOP
  2. おたより
  3. 過程は人を成長させる

過程は人を成長させる

気がつけば町のいろいろな場所にクリスマスツリーが飾られクリスマスソングが聞こえてきます。今年も残り少なくなってしまいましたね。朝晩はめっきり寒くなり、風邪をひいている人も多くいます。何かと多忙な時期ではありますが体調管理には充分心がけてくださいね。

教室の今年1年を振り返ると、大きな変化のひとつに中学生の定期テスト勉強会を正式にスタートしたことが挙げられます。昨年まではテスト週間の自習は自由参加にしていました。しかしそれでは双方に甘えが生じてしまい、いい方法ではないことは常に悩みでした。5月に4泊で塾の責任者向けの大きな勉強会に参加し、全国の先生方からいろいろな知恵をいただき、今年度より思い切って申込制による勉強会を正式にスタートしました。スタートを決めた時には参加者が1~2名でもいいのでまずは頑張ってみよう!という決意でした。ふたを開けて見ると予想外?に多くの子が参加し、テスト日を含むと約10日にも及ぶ長時間の勉強に精一杯取り組んでくれました。

前にもお伝えしましたが、「人は感情が動くと記憶しやすく」なっています。各自が目標を持ち、みんなで同じ空間、同じ時間で一緒に努力していくことは中学生にとって感情が大きく動くようです。

週末は朝から夜までの長丁場になるので、飽きることがないよう、教室側もアクティブナーニングやコーチング等いろいろな工夫をしていきました。ちゃんと言われたようにしてくれるかという不安もありましたが、一般的には難しいと言われる年頃にも関わらず、みんな素直にこちらの取り組みに応じてくれました。その中で今までは「同じ塾の友だち」という関係から「仲間」という関係に深まったように思います。特に中学2年生たちはみんなで相談して自主的に勉強時間を延長したい!と言ってくる子たちも多く見受けられ、次期受験生としての自覚ができてきたように思います。納得のいく結果の出た人、そうでいない人、それぞれ違いますが、私の目から見ると全員間違いなく成長しています。

今年国民栄誉賞を授与された将棋の羽生善治さんの言葉に『 勝ち負けには、もちろんこだわるんですが、大切なのは過程です。結果だけなら、ジャンケンでいい 』というのがあります。子どもたちにもわかりやすくとてもいい言葉だと思います。

私たちは学校の成績を上げるためだけに勉強をしてきたわけではありません。社会に出てからも、職種は異なっても、いろんなことを学び続け、経験を重ねていかなければいけません。学校のテストのように答えが用意されている問題ばかりではなく、むしろ答えがなく、自分たちで答えを探して見つけていく方が多いと思います。もちろん成績を上げることは大切ですし、それを軽視したり逃げたりするつもりはありません。勉強に取り組む中、その過程で社会に出てからも自分を支えてくれることになるたくさんの成長と経験をしてほしいと思います。

近年、自己中心的な人、気配りのできない人、メンタルの弱い人が増えているように感じています。学習を通していろいろな失敗や経験の中できっと人としての成長があります。そして教室は、その成長を支え導いていける空間であると信じています。

今年も大変お世話になりありがとうございました。来年がもっとみなさまに満足していただける教室に進化できますよう精一杯努力していきます。

言葉より雰囲気が伝わると思います。みんな楽しく真剣に頑張っています。以下は教室での様子です↓↓

https://www.instagram.com/p/BqXy8segEim/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=tznn4753w4km

https://www.instagram.com/p/BqcxibGgQU4/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=9udfzvloz59u

https://www.instagram.com/p/Bqh_ttDgy7H/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=1vrwbck353xtf

https://www.instagram.com/p/BqkmVljANtW/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=qk86v85cvoux

https://www.instagram.com/p/Bq5IsRYgpEn/?utm_source=ig_share_sheet&igshid=19fz0kcv913eo